【Amazon Echo入門#4】Alexaちゃんにカイジの「ざわざわ」をやらせて焦燥感を演出するスキルを作る

ざわざわ

完成品

Alexaちゃんに「Alexa, カイジやって」とか「Alexa, ざわざわして」とかお願いすると、こんな感じにざわざわしてくれます。

例えば仕事中にヤバいトラブルが発生して焦っているときとか、嫁に浮気を追及されてバレそうな場面とかで、すかさずざわざわさせると、ただでさえ焦っているのに、さらにその場を焦燥感あふれる舞台にしてくれます。これは大変重宝するスキルですね!

まだ実物が入手できないのでシミュレーターでしか再生できないのがアレですが、Alexaちゃん待ち遠しいですね。

前回の記事

【Amazon Echo入門#3】Lambdaの環境変数を使って、ゴミ出しの曜日を変数にする

音声の準備

Alexaではテキストを読み上げたり、音声ファイルを再生したりする際は、SSMLというマークアップ言語を使用します。スキル発動のレスポンスに、SSMLを渡せばその通り動いてくれます。

まず音声はYoutubeからmp3ファイルでダウンロードして変換をかけます。元動画。

ダウンロードするやりかたはWEBで調べればすぐ分かるので割愛。

ダウンロードしたmp3ファイルをEchoで再生出来る形に変換します。MPEGのバージョンとかビットレートとか細かく指定されていて、ちゃんと守らないとテスト再生時に Error: Please make sure that "Alexa Skills Kit" is selected for the event source type of arn:aws:lambda:ap-northeast-1:000000000:function:Kaiji みたいになってしまうのでちゃんと間違いなく変換しましょう。

再生できる形式はこちらのエントリを参考。

https://kotodama.today/?p=251

使用するMP3にはいくつかの条件があります。  ・ インターネット上でホスティングされた HTTPSエンドポイントで提供されていること。  ・ SSL証明書がオレオレ証明書ではなくAmazonの基準を満たす証明書であること。(公式サイトではAWS S3の使用を提案しています)  ・ カスタマーの個人情報やその他デリケートな情報を含んでいないこと  ・ 有効なMP3ファイルであること(MPEG version 2)  ・ 90秒以内であること  ・ ビットレートが48KB/sであること  ・ サンプルレートが16,000Hzであること

ffmpegをインストールします。

$ brew install ffmpeg

コマンドラインで音声ファイルを変換。変換のコマンドは以下エントリを参考にした。

https://dev.classmethod.jp/cloud/alexa-ssml-audio/

$ ffmpeg -i zawazawa.mp3 -ac 2 -codec:a libmp3lame -b:a 48k -ar 16000 zawazawa_conv.mp3

変換が成功したらitunesからビットレートとかが確認できます。

曲の詳細

音声ファイルをS3にアップする

Alexaちゃんが読み込める場所に音声ファイルを置く必要があるので、手軽にアップできるAWS S3に置くことにします。

AWS S3を開き、Create bucketします。

  • Bucket name: for-alexa
  • Region: Asia Pacific(Tokyo)
  • その他は全てデフォルトで

S3 Create bucket

さきほど変換した音声ファイルをアップロード。設定値は全てデフォルトでOK。

S3 upload

アップロードが完了したら、publicアクセスを許可する。

S3 make public

Overviewに表示されているURLを開いてざわざわが再生されることを確認できたら準備OK.

Lambda側

いつものようにAWS Lambdaのダッシュボード画面を開き、Create functionする。Blueprintsは使わずにAuthor from scratch。

  • Name: kaiji
  • Role: Choose an existing role
  • Existing role: lambda_basic_execution

Lambda設定

lambda_functin.pyにSSMLを返す関数を定義する。Testを実行してみて、問題なく実行できることを確認しておく。

lambda_functin.py

lambda_functin.py

def lambda_handler(event, context):
    response = {
        'version': '1.0',
        'response': {
            "outputSpeech": {
                "type": "SSML",
                "ssml": "<speak> <audio src=\"https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/for-alexa/zawazawa_conv.mp3\" /> </speak>"
            },
        }
    }
    return response

TriggersにAlexa Skills Kitを設定する(これいつも忘れる)。

Triggers

Alexa側

いつも通りスキルの設定をしていきます。

  • スキルの種類: Custom
  • 言語: Japanese
  • スキル名: Kaiji
  • 呼び出し名: カイジ

スキル情報

インテントスキーマの設定。カスタムスロットは空でOK。

インテントスキーマ

{
  "intents": [
    {
      "intent": "GetNewFactIntent"
    }
  ]
}

サンプル発話。

サンプル発話

GetNewFactIntent カイジやって
GetNewFactIntent ざわざわして
GetNewFactIntent ざわざわやって
GetNewFactIntent カイジ

設定でエンドポイトにLambdaのARN IDを設定。

エンドポイント

テスト実行すると、レスポンスにSSMLが返ってきてることが確認出来ます。

テスト実行

聴くを押してみたらざわざわがはじまることを確認。 できたああああああああ!!



mofmof inc.では、一緒に仕事をしてくださるエンジニアを募集しております。
募集要項については以下をご確認ください。
興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ゆっくりお話出来れば嬉しいです。

募集一覧(wantedly)
https://www.wantedly.com/companies/mof-mof/projects

mofmofは何をしたいのか
https://www.mof-mof.co.jp/recruit/want-to-do

mofmof入社ガイド
http://everyday.mof-mof.co.jp/entry/2017/01/25/141201