【Amazon Echo入門#3】Lambdaの環境変数を使って、ゴミ出しの曜日を変数にする

もやせないごみ

前回は、Amazon Echo Alexaちゃんにゴミ出しの曜日を教えてもらうスキルを開発しました。

【Amazon Echo入門#2】Alexaちゃんにゴミ出しの曜日を教えてもらう(Lambda Python3.6)

今回はベタ打ちだったゴミ出しの曜日を環境変数化してみます。簡単だったので一瞬で終わった。

Lambda側

環境変数を設定する。

  • plastic: 木曜日
  • recyclable: 土曜日
  • burnable: 火曜日、金曜日
  • unburnable: 第2第4土曜日

環境変数

lambda_function.pyを下記のように更新します。

import os

def lambda_handler(event, context):
    intent = event['request']['intent']
    value = intent['slots']['TrashType']['value']

    if value == '燃える':
        day = f"燃えるゴミの日は{os.environ['burnable']}です。"
    elif value == '燃えない':
        day = f"燃えないゴミの日は{os.environ['unburnable']}です。"
    elif value == '資源':
        day = f"資源ごみの日は{os.environ['recyclable']}です。"
    elif value == 'プラスチック':
        day = f"プラスチックごみの日は{os.environ['plastic']}です。"

    response = {
        'version': '1.0',
        'response': {
            'outputSpeech': {
                'type': 'PlainText',
                'text': day
            }
        }
    }
    return response

lambda_function.py

ちょっと余談ですが、python3.6からf-stringsなるものが使えるようになりました。いわゆる文字列内で変数展開したいときの記法です。

以前の記法は

weather = '晴'
print('今日の天気: %s' % weather)

とか

weather = '晴'
print('今日の天気: {}'.format(weather))

みたいな書き方をしていたのですが、直感的でないし、長いしで不満でしたがついに解消されました。

新記法f-strings

weather = '晴'
print(f"今日の天気: {weather}")

素晴らしい。

Alexa側

前回プラスチックごみの曜日を入れ忘れてたので、lambda_function.pyにしれっと追加してます。Alexa側も設定を追加する。

対話モデル画面のカスタムスロットタイプLIST_OF_TRASH_TYPEにプラスチックも追加します。

カスタムスロットタイプ

テストしてみる。

テスト結果

できたああああああ!!



mofmof inc.では、一緒に仕事をしてくださるエンジニアを募集しております。
募集要項については以下をご確認ください。
興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ゆっくりお話出来れば嬉しいです。

募集一覧(wantedly)
https://www.wantedly.com/companies/mof-mof/projects

mofmofは何をしたいのか
https://www.mof-mof.co.jp/recruit/want-to-do

mofmof入社ガイド
http://everyday.mof-mof.co.jp/entry/2017/01/25/141201