【Amazon Echo入門#2】Alexaちゃんにゴミ出しの曜日を教えてもらう(Lambda Python3.6)

前回、Amazon Echo Alexaのカスタムスキルを作る入門をやってみました。今回は少しコードやインテントをいじってカスタマイズして、Alexaちゃんにゴミ出しの曜日を教えてもらうスキルを開発してみます。

【Amazon Echo入門】Alexaちゃんに今日履いているパンツの色を答えさせる

ゴミ出し

ぼくはNode.jsよりPythonの方がいくらか得意なので、LambdaのPython3.6で開発してみます。

Lambdaの開発

AWSのLabmdaダッシュボード画面から「Create Function」します。

Blueprintsからalexaで検索したが、Python3.6のものがなかった。仕方ないので今回もAuthor from scratchで実装します。

Blueprints

前回はどうもAlexaとやりとりするための規定のリクエストとレスポンスのフォーマットがわからなかったのだけど、そこまで複雑なものではなく、単にレスポンスでJSONを返せばいいだけみたい。

参考:https://medium.com/@jacquelinewilson/amazon-alexa-skill-recipe-1444e6ee45a6

def lambda_handler(event, context):
    intent = event['request']['intent']
    value = intent['slots']['TrashType']['value']

    if value == '燃える':
        day = '燃えるゴミの日は火曜日です。'
    elif value == '燃えない':
        day = '燃えないゴミの日は水曜日です。'
    elif value == '資源':
        day = '資源ごみの日は木曜日です。'


    response = {
        'version': '1.0',
        'response': {
            'outputSpeech': {
                'type': 'PlainText',
                'text': day
            }
        }
    }
    return response

Pythonの実装

前回同様にTriggersにAlexa Skills Kitを指定します。

トリガー

ちゃんと動作するか確認したいので、Lambda Functionのテストを設定してみます。リクエスト内容は、intentのslots配下のみ書き換えます。

  • Event template: Alext Intent - GetNewFact
  • Event name: GetNewFact
{
  "session": {
    "new": false,
    "sessionId": "amzn1.echo-api.session.[unique-value-here]",
    "attributes": {},
    "user": {
      "userId": "amzn1.ask.account.[unique-value-here]"
    },
    "application": {
      "applicationId": "amzn1.ask.skill.[unique-value-here]"
    }
  },
  "version": "1.0",
  "request": {
    "locale": "en-US",
    "timestamp": "2016-10-27T21:06:28Z",
    "type": "IntentRequest",
    "requestId": "amzn1.echo-api.request.[unique-value-here]",
    "intent": {
      "slots": {
        "TrashType": {
          "name": "TrashType",
          "value": "燃えない"
        }
      },
      "name": "GetNewFactIntent"
    }
  },
  "context": {
    "AudioPlayer": {
      "playerActivity": "IDLE"
    },
    "System": {
      "device": {
        "supportedInterfaces": {
          "AudioPlayer": {}
        }
      },
      "application": {
        "applicationId": "amzn1.ask.skill.[unique-value-here]"
      },
      "user": {
        "userId": "amzn1.ask.account.[unique-value-here]"
      }
    }
  }
}

Lambdaのテスト

実行すると、outputSpeechtextに「燃えないゴミの日は水曜日です。」と返ってきていることが確認出来る。

Lambdaのテスト結果

Alexa Skill側の設定

開発者コンソールから前回同様に新しいSkillを登録していきます。

  • スキル名: TrashDay
  • 呼び出し名: ゴミ出しの日

スキル情報

対話モデルのインテントスキーマの設定。

{
  "intents": [
    {
      "slots": [
        {
          "name": "TrashType",
          "type": "LIST_OF_TRASH_TYPE"
        }
      ],
      "intent": "GetNewFactIntent"
    }
  ]
}

カスタムスロットタイプにゴミの種別を設定する。

  • タイプ: LIST_OF_TRASH_TYPE
  • 値:
    • 燃える
    • 燃えない
    • 資源

サンプル発話に以下を設定。

GetNewFactIntent {TrashType} ゴミの日
GetNewFactIntent {TrashType} ゴミの日教えて
GetNewFactIntent {TrashType} ごみの日
GetNewFactIntent {TrashType} ごみの日教えて

対話モデル

前回同様に、エンドポイントのデフォルトにLambdaのARN IDを指定する。

設定

シミュレータでテストしてみる。

「燃えるゴミの日教えてください」と入力して呼び出すと、インテントのTrashTypeが「燃える」と認識され、レスポンスで「燃えるゴミの日は火曜日です。」と返って来ていることが確認出来る。

シミュレータでテスト

まとめ

無事できました!

インテント周りの概念がちょっと慣れるまでわかりづらいですが、一度やってみると感覚的に理解できるようになりますね。

今回もLambdaで実装しましたが、どうやら普通にエンドポイントを指定して、HTTPでリクエストしてもいけるみたいです。これを利用すれば外部のサーバーにリクエストしたりできるので、既存のサービスとの連携も色々できそうですね。

次回はゴミ出しの日を、プログラムに直接入れるのではなく、どこか別のデータソースから取ってくる実装をしてみたいなーと思ってます。



mofmof inc.では、一緒に仕事をしてくださるエンジニアを募集しております。
募集要項については以下をご確認ください。
興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ゆっくりお話出来れば嬉しいです。

募集一覧(wantedly)
https://www.wantedly.com/companies/mof-mof/projects

mofmofは何をしたいのか
https://www.mof-mof.co.jp/recruit/want-to-do

mofmof入社ガイド
http://everyday.mof-mof.co.jp/entry/2017/01/25/141201