Expo + React Native + Firestoreでデータを取得してみる

前回React Native + Expoに入門してみて、これはだいぶイイのではと思ったので、もう少し踏み込んで試してみます。今回はFirebaseのFirestoreに接続してデータを引っ張ってくるところまでやります。

Expo + React Nativeに入門して、iOSネイティブのCollectionViewっぽいものを作る

このあたりの記事を参考にした。公式はあんまり情報が充実していない感。

前回同様、新規にプロジェクトを作成します。プロジェクト名はお好きにどうぞ。テンプレートは何でも良いのですが、今回はblankを選択した。

$ expo init MenstagramRN

起動してみる。

$ cd MenstagramRN
$ expo start

画面から「Run on iOS simulator」を選択。ちゃんとアプリが起動することを確認する。

アプリ起動

Firebaseの導入

Firebaseのプロジェクトの作成は画面からポチポチやってれば出来るので省略しますね。

https://firebase.google.com/?hl=ja

Firebase SDKをインストール。expoはデフォルではyarnを推しているが、個人的にはnpm使ってるのでnpmで行きます。

$ npm i --save firebase

firebase.js

import firebase from "firebase";
import 'firebase/firestore';
  
const firebaseConfig = {
  apiKey: "<apiKey>",
  authDomain: "<authDomain>",
  databaseURL: "<databaseURL>",
  projectId: "<projectId>",
  storageBucket: "<storageBucket>",
  messagingSenderId: "<messagingSenderId>",
  appId: "<appId>"
};

const firebaseApp = !firebase.apps.length
  ? firebase.initializeApp(firebaseConfig)
  : firebase.app()

const db = firebaseApp.firestore();

export default db

apiKeyなどの取得は以下記事を参考に。

Vue.jsでFirebaseのFirestoreにアクセスしてデータを取得する

ウェブアプリにFirebaseを追加

上記コードでは修正済みだけど、こんなエラーにちょっとハマった。

App named '[DEFAULT]' already exists

どうやらfirebase.initializeApp()が複数回呼ばれてしまう問題らしいので、以下のように修正している。

const firebaseApp = !firebase.apps.length
  ? firebase.initializeApp(firebaseConfig)
  : firebase.app()

App.js

Firestoreにramensというコレクションがある前提。

import React from 'react';
import { StyleSheet, Text, View } from 'react-native';
import db from './firebase'


export default function App() {
  db.collection("ramens").get().then((querySnapshot) => {
      querySnapshot.forEach((doc) => {
          console.log(`${doc.id} => ${doc.data()}`);
      });
  });

  return (
    <View style={styles.container}>
      <Text>Open up App.js to start working on your app!</Text>
    </View>
  );
}

const styles = StyleSheet.create({
  container: {
    flex: 1,
    backgroundColor: '#fff',
    alignItems: 'center',
    justifyContent: 'center',
  },
});

これで起動すると以下のWarningが出てデータが取得出来ない。この問題に1,2時間くらいハマってしまったぜ。

[Unhandled promise rejection: ReferenceError: Can't find variable: atob]

解決方法はStackOverflowに載ってた。

https://stackoverflow.com/questions/60361519/cant-find-a-variable-atob

Firebase SDKの7.9.1以降で発生する問題なので、7.9.0にしてあげれば解決。

$ npm install firebase@7.9.0

で、大事なのはキャッシュをクリアしてexpoのサーバを起動すること。これやってなくてハマった。

$ expo r -c

よっしゃログにデータが出力されたぞ!(ramensにデータが入っている前提)

wXtaxkaLDdGD0uEAuYwC => [object Object]
x8ynrV7ax6d69igBQTZU => [object Object]
xiKbMDicwbuK6s5PwTtB => [object Object]
xkG5lYuYcE3mAJ8z9htT => [object Object]
y1Rr3GpVwAt3hbbHn3Ou => [object Object]
y506NXdGaHpAsYuPXGBS => [object Object]
yDw2Zrzq37iR9xDQDe2L => [object Object]
yIk0BSb9mHG8M4JxOCoA => [object Object]
yJVLqRMouUVi8mgTznyO => [object Object]
yVPoJm60tBoYJV68XPvt => [object Object]
yW81smGartshw7ZaCbD3 => [object Object]
yxJNPxKWjDXNmVFliuxm => [object Object]
zFlVfy6up3X7fwyftsyK => [object Object]
zKu3Di4cIS78iLqwTObt => [object Object]
zVQIFmiRa6HxwRmaMpOU => [object Object]
ziVr7DCF73IQUW5GuCr1 => [object Object]
zp94IyKmlvhFhPK4JnFU => [object Object]
zuoMnNc9wOnFlB1b7u3U => [object Object]

サクッと終わる予定だったのが思いの外ハマってしまったので、データを画面に表示するところはまた次回にでもやりまあす。

mofmof inc. 採用情報

mofmof inc.では、一緒に仕事をしてくださるエンジニアを募集しております。
募集要項については以下をご確認ください。
興味を持っていただけましたら、ぜひ一度ゆっくりお話出来れば嬉しいです。

mofmofは何をしたいのか
https://www.mof-mof.co.jp/recruit/want-to-do