VuePressを使ってみようかと思ったんですが、まだちょっと整備されていないっぽい?のでもう実績のあるNuxtとContentfulの組み合わせでやろうかと。ちょっと触ってみたので、そのログです。

それぞれ公式はこちら!

contentfulのnuxt integrationガイド: https://www.contentful.com/developers/docs/javascript/tutorials/integrate-contentful-with-vue-and-nuxt/

nuxt公式: https://ja.nuxtjs.org/

参考にした記事: https://qiita.com/isihigameKoudai/items/3e45ade7c438176a4cc9

TL;DR

  • プロジェクトつくります
  • contentfulにコンテンツをおきます
  • コンテンツを埋め込みます
  • ローカルで結果を確認します

10分くらいあればできそう。結果は下記に置いてあります。

https://github.com/yubachiri/nuxt-contentful

プロジェクト作成

環境構築はNuxtの公式を参考にしつつ頑張りましょう。

なんか聞かれたらだいたいenter。SPAモードでOKです。一点、 dotenv の導入だけはチェックしておいてください。

$ npx create-nuxt-app nuxt-contentful-sample
$ cd nuxt-contentful-sample

一旦動かしてみましょう。

$ cd nuxt-contentful-sample
$ npm run build
$ npm run start

http://localhost:3000で動いているはずです。動いたら次へ。

contentfulにコンテンツ作成

https://www.contentful.com/

  • アカウント作成
  • 適当にspace作成
  • headerの"Content model"より、Add content typeする
    • Name: sample_post
  • Add fieldする
    • Textを選択
    • nameと入力
    • createをクリック
    • saveをクリック
  • headerの"Content"より、コンテンツを作成
    • Add sample_postをクリック
    • nameを適当に入力
    • Publishをクリック

とても雑ですがこれでコンテンツ作成までOKです。

Nuxtからコンテンツの取得

Contentfulのcliを入れます。

$ npm install --save contentful

ちょっとコードを触っていきます。

nuxt.config.js

require('dotenv').config();
const { CTF_SPACE_ID, CTF_CDA_ACCESS_TOKEN } = process.env;

export default {
...
  env: {
    CTF_SPACE_ID,
    CTF_CDA_ACCESS_TOKEN
  }
}

plugins/contentful.js(新規作成)

const contentful = require('contentful');

const config = {
  space: process.env.CTF_SPACE_ID,
  accessToken: process.env.CTF_CDA_ACCESS_TOKEN
}

const client = contentful.createClient(config);

export default client;

.env

BASE_URL=http://localhost:3000

CTF_SPACE_ID=<あとで埋めます>
CTF_CDA_ACCESS_TOKEN=<あとで埋めます>

pages/index.vue

<template>
  <div>
    <ul>
      <li v-for="post in posts">
        {%raw%}{{ post.fields.name }}{%endraw%}
      </li>
    </ul>
  </div>
</template>

<script>
  import client from '~/plugins/contentful.js'

  export default {
    asyncData() {
      return client.getEntries()
        .then(entries => {
          return {
            posts: entries.items
          }
        })
    }
  }
</script>

です!

.envの<あとで埋めます>の部分も埋めていきましょう。

さっき作ったcontentfulのプロジェクトのページにいき、 header > Settings > API key をクリックしてください。

Example Keyがあるはずなので、それを選択。なければAdd API keyから作成しましょう。

その中に記載されている Space IDContent Delivery API - access token が欲しいものです。それぞれ CTF_SPACE_IDCTF_CDA_ACCESS_TOKEN に書きましょう。

CTF_SPACE_ID=hogehuga123
CTF_CDA_ACCESS_TOKEN=foobar4567

これで万事OKなはず。

$ npm run build
$ npm run dev

すると、localhost:3000にコンテンツの name のリストが表示されるはずです。

以上!